お陰さまで読者数1000名突破!

お陰さまで読者数1000名突破!
メルマガでは主にネットビジネスを中心に稼ぐ方法をお伝えしていますが、ビジネス以外にも健康やスピリチュアルの話もしてます。もし興味がありましたら「ご登録はこちら」ボタンを押して頂けますと幸いです。
岩田龍希

カテゴリーの分け方を例を使って解説!SEOも意識した決め方をしよう

岩田です、

ブログを始めたばかりだとカテゴリーの
分け方で悩んでしまいますよね。

カテゴリーをしっかりと作ることで、
ブログに訪問してくれた読者が
求めている記事を見つけやすくなります。

興味のある記事がすぐに見つかれば、
ウェブサイト内でいくつかの記事を読み、
結果的にサイトの『滞在時間』が延びます。

滞在時間が長いサイトはGoogleなどの
検索エンジンに評価されるようになります。

つまり、検索結果の上位に
食い込みやすくなるということです。

ということは、訪問者がたくさん来て
広告がクリックされて報酬が
バンバン入ってくるってことです。

もし、この記事をしっかりと読まないで
カテゴリーを作ってしまうと・・・

あるある話ですが、
いつの間にか、

無数のカテゴリー地獄
記事の入ってない幽霊カテゴリーの乱立
趣旨の違うカテゴリーの生成

をするハメになってしまいます。

そうならないためにも、
しっかりとこの記事で理解しておきましょう。

動画も理解度を深めるために
ぜひ、観ておいてくださいね。

カテゴリー設定の重要性

まずは、カテゴリーがどれくらい
重要なのかを理解しましょう。

僕が思うカテゴリーの重要性を教えますので、
参考にしてみてくださいね。

カテゴリー設定にはユーザー目線と
あなた(運営者)目線の2つがあります。

ユーザー目線のカテゴリー設定

ユーザーというのは検索で
あなたのブログに訪れてくれた読者、
インターネットユーザーのことを指します。

このネットユーザー目線でカテゴリーを
考えるのであれば、その読者が興味のある
記事が容易に探せるようにする必要があります。

例えば、

車に興味がある人が読者として訪問した際に
「自動車」というカテゴリーが無かったら、
どこから記事を探せばいいのかわかりませんよね。

さらに、自動車のカテゴリーを分けることで、
もっと読者が記事を探しやすくなります。

WordPressというカテゴリーの中に
プラグインという項目があれば、
プラグインに興味がある人が
記事を探しやすいと言えます。

記事が探しやすくなると、
それだけ記事を読んでくれますので、
滞在時間も延びます。

さらに、『広告を目にする回数』も
必然的に増えるため、クリック率が
上がるようになります。

あなた(運営者)目線のカテゴリー設定

次に、ウェブサイト運営者である
「あなた」の目線で見てみましょう。

これが意外と重要なんですが、
カテゴリーを先に作成しておくと、
記事を書く際の目安になります。

よく、ブログで稼ごうとする人たちは

『記事のネタがありません』

って言うのですが、最初から
カテゴリーを決めていれば、
そのカテゴリーに沿った記事を
書いていけばいいだけですからね。

なんと楽なんでしょう。

サイトの滞在時間も延びて、
収益アップでウハウハですしね(笑)

それと、これが最も重要なんですが、
アクセス解析がしやすくなるんです。

アクセス解析っていうのは
訪問者がどれくらい来たのかとか、
どのページを見てどのページに行ったのか
ということまで見ることです。

で、このアクセス解析で有名なツールが
【無料】で使えるGoogleが提供してる
グーグルアナリティクスです。

このツールでは、カテゴリー毎の
アクセスなんかも見れたり、
カテゴリーを検索できたりします。

だから、かなりアクセス解析が
しやすくなるというメリットがあります。

カテゴリーの決め方

カテゴリーの決め方にも
色々な方法があります。

SEOを意識したカテゴリーだったり、
単純に見やすくしたカテゴリーだったり。

どちらでもいいですが、
サイトによって使い分けるといいですね。

特に1つの情報に特化した
専門のサイトを運営する場合は
カテゴリーもSEOを意識するといいですね。

僕の得意なゲームアフィリエイトなんかは
ライバルを押さえて、カテゴリーが
上位表示してるくらいですからね。

SEOを意識したカテゴリー

で、SEOを意識したカテゴリー設定は
カテゴリー名にキーワードを入れることです。

例えば、

通常なら

「バストアップ」

というカテゴリーにするところを

「バストアップ 中学生」
「バストアップ 高校生」

とかにするということです。

見やすいカテゴリー

特に特化したサイトでないのなら、
ユーザー目線の見やすいカテゴリーを
作成していきましょう。

例えば、

「バストアップ」

という『親カテゴリー』の中に

「中学生」
「高校生」
「サプリ」
「エクササイズ」

というような『子カテゴリー』を作るような
イメージですね。

画像を作ってみましたので、
参考にしてみてください。

カテゴリー 分け方

親カテゴリーと子カテゴリーを
上手に使ってみやすいカテゴリーを
作っていきましょう。

ワードプレスのカテゴリー設定方法

ワードプレスのカテゴリー設定は
ものすごく簡単です。

カテゴリーというのは項目で出てませんが、
マウスカーソルを「投稿」に合わせると
「カテゴリー」が出てきます。

カテゴリー 決め方

これをクリックすると、
カテゴリー設定画面にいきます。

名前:カテゴリーの名称
スラッグ:URLの一部

スラッグで入力した文字列は
このように表示されます。

http://iwata-blog.jp/category/スラッグ
カテゴリー 決め方

親:どの親カテゴリーに入れるか
説明:カテゴリーの説明文

※説明文はテーマによっては表示されません


これで、カテゴリー設定の重要性や
設定方法もわかったと思います。

カテゴリーの決め方とか分け方って
意外と考えるんですよ?(笑)

最初だけの設定なので、
面倒くさいと思わずに、やってくださいね!

「最初が一番大変」

このマインドセットをプレゼントします^^

メルマガ読者募集中!

メルマガ読者募集中!
改めまして、岩田です。

ここまで記事を読んで頂いて、
ありがとうございます!

ブログの記事が読まれることは
僕にとって嬉しいことです。

お陰様でブログからメルマガ登録を
してくれる方も多く、読者さんの数も
1000人を超えました。

僕のメルマガではネットビジネスで
副収入を得る方法を配信しています。

他にも健康に関することや
さらに収入を増やすための仕組み作り
なんかも話しています。

もし、興味がありましたら、
下の「詳細はこちら」というボタンを
クリックして頂けると嬉しいです。

詳しいことはそちらに書いています。

お気軽にコメントをどうぞ(^▽^)/

*
*
* (公開されません)

Facebookへのコメント

mail2