mail2

ワードプレスへのアドセンス貼り方!広告設置テクニック公開!

ワードプレスのアドセンス広告の貼り方!
プラグインを使った簡単な設置方法(動画アリ)

ワードプレスでアドセンスを記事中に
簡単に貼り付ける方法を解説します。

ワードプレスの記事中への
広告の貼り方はいくつかありますが、
今から教える方法がもっとも
初心者がやりやすい方法だと言えます。

それに、広告を一括で変更できたり、
プラグインの不具合が全然ないので、
一度使ってしまうとコレ以外の方法で
アドセンスを貼ることはないでしょうね。

必要なプラグインは2つ!

初心者でも簡単に記事中に
アドセンス広告を設置する方法は
2つのプラグインが必要になります。

AdSense Manager
Add Quicktag

この2つのプラグインです。

「AdSense Manager」は
アドセンス広告コードを短縮し、
SEO的にも有利にしてくれる
ワードプレスプラグインです。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

AdSense Managerの設定方法

そして、もう一つは
「Add Quicktag」ですね。

こちらは、あらかじめ設定しておいた
HTMLコードなどを、ワンクリックで
呼び出すことのできる便利プラグインです。

時間効率を良くする
必須プラグインです。

「Add Quicktag」の詳細は
以下の記事を参考にしてください。

Add Quicktagの設定方法

この2つのプラグインを使う理由

まず、プラグインを利用することで、
初心者でも広告を簡単に配置することが
可能になるからです。

さらに初心者には、わけのわからない
ワードプレスの【テーマ編集】をしての
広告配置を避けることができます。

それに、広告コードを短縮することで、
SEO的にも効果が期待でき、
執筆画面もスッキリします。

しかも、記事内の任意の場所に
思うように貼ることができるのが、
最大のメリットですね。

記事内にアドセンス広告を貼るまでの流れ

アドセンス広告を記事中に
貼り付けるまでの流れをざっくりと
書いていきます。

ステップ1:アドセンス広告コードを短縮化

まずはアドセンス管理画面から
広告ユニットを作成し、
アドセンスの広告コードを取得。

その後、AdSense Managerで
広告コードを短縮します。

ステップ2:短縮したコードをワンクリック化

ステップ1で短縮したコードを
Add Quicktagに登録し、
ワンクリックで呼び出せるように設定。

ステップ3:記事中に貼り付ける

ビジュアルエディタでも、
テキストエディタでも、
Add quicktagのボタンが生成されてます。

そのボタンをクリックして、
記事内の好きな場所に
貼り付けましょう。

ステップ4:最適な位置に修正する

記事の追記などによって、
記事自体にボリュームが出てしまう場合は
広告を最適な位置にしましょう。

記事中に貼る手順

2つのプラグインが導入されている
ということを前提に進めていきます。

まず、アドセンス広告を取得しましょう。

アドセンス広告の取得は
二次審査の記事を参考にしてください。

アドセンス広告コード取得方法

短縮化

AdSense Managerが導入されれば、
ワードプレスのダッシュボードにある
投稿にカーソルを合わせると

“Ad units”

と出てくるはずです。

AdSense Manager 設定方法

これをクリックしてください。

そして、とりあえず、
広告コード貼ります。

貼り付けたら”Import”を
クリックして次に行きましょう。

AdSense Manager 設定方法

画面が切り替わったら、
まずは短縮コード名を決めます。

ここではデフォルトのまま行きますが、
わかりやすいようにしましょう。

ローマ字入力ですので、
例えば、

記事上=kijiue
記事下=kijisita

などですね。

AdSense Manager 設定方法

そして、反映させたい場所は
すべて”Yes”にしておきましょう。

AdSense Manager 設定方法

貼り付けた広告コードの上に
スポンサーリンクのラベル表示を
同時にできるように記述すると
効率がいいですね。

AdSense Manager 設定方法

わかりやすいように
ここで入力することを教えてますが、
広告コードを貼った時点で
記述しても問題無いですからね。

参考コピペして使ってください。

ここまで出来たら”Save Changes”で
保存して終了です。

これで、短縮はできたので、
呼び出す時は

で呼び出せます。

この解説を例にすると、

で呼び出すことができます。

これを登録するわけですね。

登録

今度はダッシュボードの設定から
“AddQuicktag”をクリックです。

AddQuicktag 設定方法

必要な箇所を埋めていきます。

AddQuicktag 設定方法

“AdSense Manager”で
短縮したコードを登録する場合は
こんな感じですね。

そして、変更を保存しましょう。

ワードプレス アドセンス 貼り方

では、さっそく、投稿画面にいって
確認してみてください。

テキストエディタの場合
テキストエディタの場合は
すぐにボタンができていることに
気づけると思います。

これをクリックすれば、そのまま
短縮コードを呼び出す記述が
入力できます。

ワードプレス アドセンス 貼り方

ビジュアルエディタの場合
ビジュアルエディタの場合は
よく質問がくるのですが、
ツールバーを切り替えないといけないです。

ワードプレス アドセンス 貼り方

すると新しいボックスとかが
表示されます。

そこに”Quicktags”とあるので、
クリックしてみると、登録した
ボタン名が出てきます。

それをクリックすれば、広告設置は
完了です。

ワードプレス アドセンス 貼り方

実際に見てみるとこのように
広告が表示されますね。

ワードプレス アドセンス 貼り方

ちなみに、お名前.COMの
2円キャンペーンは稀少ですよ(笑)

ガッツリドメイン取りましょう!


これで、あなたもワードプレスでの
アドセンスの貼り方を覚えたわけです。

記事中の好きな場所に貼れるので、
収益増加の為に検証していきましょう。

そうそう、たまたま広告が
お名前.COMだったので、ついでに
言っておきますね。

こういったキャンペーンは
気付いた人だけが得をするので、
僕のメルマガでお知らせしていきますね。

また、ドメイン取得の●秘テクも
近いうちに教えるので、
興味があれば登録してみてください。

個数制限されているドメインを・・・

気になる方はぜひ、岩田の
メルマガに登録してくださいね!

岩田のメルマガに登録する

突然ですが、金儲けに興味ありますか?

『お金を稼ぐ方法』を知りたいですか?

● 4日間で165,500円稼いだ秘密...
● 大学生が初月で50万円以上稼げたワケ
● 主婦でも毎月5万円が入金される在宅ワーク
● 芸能人のようにブログで稼ぐ仕組みの作り方
● 60歳のジジイが1日で12,000円稼いだ方法
● 家族に見捨てたれたサラリーマンの起死回生法
● あなたの私生活からお金を生み出す思考法
● 夫婦仲、恋愛にも役立つ人心掌握術
● 会社にバレずにこっそり稼げる副業ビジネス
● 脱サラして家族とずっといれる時間を作る方法
● あなたの夢を現実とする究極の目標設定

など、

インターネットで稼ぐために
必要な情報をふんだんに詰め込んだ
最強のバイブルを僕のメルマガに
登録してくれた方にプレゼントします。

現在、まとめの段階に入っているため、
近いうちに配布することができます。

が、

配布したあとの反響によっては
有料で販売するかもしれません。

そのつもりで作っているので、
無料で手に入れられるのは

"イマ"登録した人だけになるかもです。

ですから、僕の作った最強のバイブルに
興味があり、ネットで稼ぐ情報が

『欲しい!!』

という方は今のうちに登録だけでも
済ませておいてください。

ブログで書いてしまうと、
僕が積み上げてきたノウハウが
パクられてしまいます。

そうなると僕の儲けが減ってしまって、
おいしい思いができなくなる可能性が
出てくるので、メルマガ読者だけに
公開していこうと思います。

メルマガに登録してくれる人数なんて、
日本の人口からすれば、微々たるものですし、
僕の稼ぎに影響を与えることはありません。

下に表示されるメルマガ登録フォームに

※名前(性)
※メールアドレス(普段使っているもの)

を入力して「今すぐ"登録"する!」ボタンを
クリックしてください。



*お名前(姓)
*メールアドレス

注) 登録いただく名前・メールアドレスは
最先端のセキュリティシステムを使って、
プライバシー保護しますので、ご安心ください。



すぐに折り返し、自動返信メールが
送られてきますので、登録したメールアドレスの
受信ボックスを確認してください。

僕のメルマガではかなり
"強烈なコトバ"を使ったりしているので、
迷惑メールに振り分けられるかもしれません。

万が一、受信ボックスにメールがない場合は
迷惑メールフォルダも確認してみてください。

今後、僕からのプレゼント情報などを
確実に受け取るために、メールの受信設定も
しておいてくださいね!

設定方法はこちらのサイトに
詳しく書かれているので、参考にしてください。

⇒ http://46mail.net/

お気軽にコメントをどうぞ(^▽^)/

*
*
* (公開されません)

Facebookへのコメント

mail2