mail2

検索方法の種類がこんなにも!商品化されてるPDFも見つかる(笑)

岩田です、

あなたはインターネットで
検索ってしたことありますか?

このページを見てくれている
ということは検索していると思います。

どのように検索してきましたか?

「どのようにって、普通に・・・」

と思うかもしれませんね。

そう、インターネットビジネスとか
やっていない方は、まず、
検索方法に種類があるなんて知りません。

「Kis-My-Ft2」
「GACKT 年齢」
「3日で痩せる方法」

というような検索方法しか
知らないと思います。

ですが、検索方法には色々な方法があり、
悪用すれば、大手企業の極秘ファイルも
入手することができてしまいます。

詳しくは以下の動画を観てください。

検索で9割の悩みは解決!

いまや、インターネットを使えば、
9割の悩みは解決できると言われています。

確かにそう思います。

調べれなかったものなんて、
かなり少ないです。

でも、それは僕が色々な検索方法を
知っているからであって、普通の人なら
7割程度、解決できるかなって感じです。

だから、検索スキルを向上させることは
かなり重要な要素となってきます。

特に、IE(インターネットエクスプローラー)や
Bing、Firefoxなんかとは比べ物にならない
グーグル検索は情報の質が高いです。

インターネットは正直、
Googleで回ってるんじゃないかと・・

検索方法は?

検索なんて簡単です。

インターネットを初めて利用する場合でも
ただ、空欄に単語を入力するだけですから。

例えば、

グーグル
グーグル検索

Yahoo!
Yahoo!検索

インターネットエクスプローラー
インターネットエクスプローラー

Microsoft Edge
Microsoft Edge

Bing
Bing検索

の空欄に調べたいことを
入力するだけです。

一般的な検索方法
単一キーワード「浮気」
2語以上のキーワード「不倫 バレない」
思っていることを直接「離婚したい」

というような感じでしますよね。

でも、これでは曖昧な情報しか
出てこないというデメリットがあります。

ほしい情報をピンポイントで探すには?

検索方法には色々な種類があります。

これらを使いこなせれば、
かなり的を絞った濃い情報を
手に入れることができます。

ただし、『悪用厳禁』です。

今まで、調べきれなかったことが
出てくるので、ぜひ試してみてください。

検索方法の種類

それでは、これから複数の検索方法について
解説していきます。

ただ、検索方法はここに書く以外にも
メチャクチャあります。

僕が実際に使っている検索の仕方だけを
チョイスしてお伝えしますので、
あまり実用的ではないものは省いてます。

ぜひ、覚えていってください。

AND検索

まず、AND検索ですが、これは
多くの方がやっているような

「●●スペース●●」

という検索方法です。

検索したい語句のどちらも含む
サイトを表示します。

正確な検索をするには、
スペースの部分に「AND」「and」を
入れる必要があります。

『調べたい語句 AND 調べたい語句』

ちなみにキーワードと「AND」の間は
半角スペースを入れても入れなくても
検索数に変わりはありません。

ある場合もありますが・・・

ここは仕様です(笑)

こんな感じですね。

AND 検索
AND 検索

OR検索

OR検索は調べたい語句の
どちらかが含まれていればOKという
検索方法です。

『キーワード or キーワード』

という検索の仕方です。

これも小文字のスペースなし以外なら
検索数は変わりません。

OR検索
OR検索

除外検索

これがまた、便利なのですが、
調べごとをしている時に

「これについてはどうでもいい!」

という情報がある場合って
経験したことあると思うんです。

例えば、ヤフオクとかで商品を
探していると・・

「ステッカーはいらない!」
「補修材が欲しいわけじゃない!」
「本体が欲しいのに!」

ってことありますよね?(笑)

で、検索する時に、除外する
キーワードっていう設定があるんです。

これと同じことが、検索でもできるんですね。

除外したいキーワードの手前に
半角の「-」つまり、ハイフンを
入れることでできます。

調べたい語句のあとは半角のスペースが
必要ですので、気をつけてください。

『調べたい語句 -除外したいキーワード』

かなり便利ですよ~

例として、お笑い芸人の
「ますだおかだ」から岡田さん、
増田さんをそれぞれ除外しました。

除外検索
除外検索

ちなみに、こういう使い方もできます。

『(●● AND ●●) -●●』

バイオハザードっていうゲームが
PS(初代プレイステーション)時代から
あります。

今でも出ているので、
PS2、PS3・・・とあるわけです。

で、PS2の情報はいらないという場合、
必要なキーワードを半角の()で囲んで、
半角スペースを空け、-してキーワード。

という使い方です。

高度な除外検索

intitle:検索

タイトルに調べたい語句が入ってる
サイトを探してくれます。

この「タイトルに」という部分がミソです。

ライバルチェックをする際に役立ちます。

『intitle:キーワード』

という使い方ですね。

インタイトルという名前の通り、
タイトルにキーワードが含まれている
サイトを探す検索方法です。

通常の検索
インタイトル検索

allintitle:検索

これはさらに絞る時に使います。

入力した全ての語句がタイトルに
含まれているサイトを検索します。

「入力した全ての語句」

です。

かなりライバル数が減ります。

検索方法は以下。

『allintitle:●●』

オール・インです。

通常の検索
オール・インタイトル検索

intext:検索

タイトルだけじゃありません。

これ、本文にも検索をかけることができます。

通常の検索をすると、タイトルだったり、
本文だったり、どこにキーワードがあっても
探してきてしまいます。

が、

この方法を使えば、しっかりと本文内に
調べたいことについて書かれているサイトを
見つけることができるようになります。

使える検索方法ですね。

『intext:●●』

という使い方をします。

インテキスト検索

“”検索

人と話してる時や車の運転中とか、
ふ、とした瞬間に頭のなかにメロディが
流れることってないですか?

あの時にどうしても
歌詞が思い出せなかったりして、
ちょっと気分が悪くなりますよね?

そんな時に役立つのが、この
ダブルクオーテーション「””」検索です。

調べたい歌詞の1フレーズでもわかれば、
“”で囲っちゃいます。

『”調べたいフレーズ”』

で、これは歌詞だけではないので、
使い方はあなた次第です。

例として、ヒカルの碁の
確かオープルニングテーマだったものを
引っ張りだしてみました。

この時は観月ありさも
歌手をバリバリやってましたからね。

観月ありさの歌とか好きですよ。

これは観月ありさじゃないです。

ダブルクオーテーション検索

*検索

これも大変便利な検索方法で、
なにかわからない箇所がある際に
半角の「*」を入れると検索してくれます。

名言とかに使えますよ!

例えば、こんな使い方

『諦めたら*終了ですよ』

安西先生 名言 検索

まあ、僕はこのアニメに影響されて、
バスケを始めたくらいですから、
知らない人は少ないんじゃないかと。

スラムダンクの安西先生のコトバですね。

ビジネスでも言えることですが、
諦めたらそこで終わりです。

他にも僕が影響されてドリフトを
始めたイニシャルD・・

『*きっちり回せ』

藤原文太 名言

主人公藤原拓海の親父、
藤原文太の名言ですね。

「おぁ~、ちとタバコ吸いたくなった」

とか

岩城清次の

「アウトオブ眼中」とか、

「な、、にぃ!?慣性ドリフトだとぉ!?」

って言う、高橋啓介のコトバは秀逸です。

僕が囲碁を打てるようになった
キッカケを作ったヒカルの碁では・・

僕の大好きな亡霊でもある藤原佐為が
こんな名言発してますね。

藤原佐為 名言

あまりやり過ぎるとくどくなるんで、
最後に・・

ラオウ 名言

という感じで、わからない、
曖昧な部分に半角の「*」を入れることで
完成されたコトバが結果として表示されます。

site:検索

これは特にアドセンスサイトなどは
いいかもしれませんね。

あの、ちょっとあまり
教えたくなかったんですが、
アドセンスの審査に通らない人。

この人達はこれやった方がいいです。

記事数はあるし、画像も使ってないし、
文字数もある・・・

なのに、通らないって人。

そもそも検索エンジンに認識されてますか?

ってことなんですね。

これ、どこのサイトにも書いてないですよ。

メチャクチャ調べましたから。

有料教材にも書いてないです。

僕が初めに気づいたってことです。

確実に通るはずのコンサル生のサイトを
見てきた中で、なんで合格できないのかなと
思っていたんですが・・

ウェブマスターツール
(グーグルサーチコンソール)を使って、
インデックスさせたら、通りました。

もちろん、記事数も増やしてなければ、
文字数も変更してませんし。

ただ、インデックスさせただけです。

なので、これ、使ってください。

やり方はこう。

『site:調べたいURL』

調べたいURLのインデックスされている
情報を検索結果に表示してくれます。

サイト検索

cache:検索

サイトに訪れたら、なくなってた!

そんな経験ありませんか?

そんな時に役立つのがこの方法。

『cache:閲覧したいサイトのURL』

で、グーグルにバックアップデータが
残っていれば、表示されます。

すでにサイトの無い中古ドメインで
試してみました。

キャッシュ検索

link:検索

これは被リンク元のサイトを
検索してくれる検索方法です。

自分のサイトや、特定のサイトに
どこからリンクが送られているのか
というのを調べるのに有効です。

『link:調べたいサイトのURL』

GACKTの公式ホームページを
使って調べてみました。

被リンク元検索

filetype:検索【悪用厳禁】

PDFファイルとかって検索したくなったこと
ありませんか?

僕は何度か、PDFファイルが欲しいのに!

と思って検索したことがありますが、
この方法を知るまでは見つかりませんでした。

実はこれ、自分の見られたくない
お客さん用のPDFとかも検索で出てくるって
知ってましたか?

僕、たまたま自分のPDFを見つけたことがあって、

「これはヤバイ!」

と思って、PDFが検索にかからないように
設定したことがあるんですよ。

しかも、まだ知識もそれほどなかったので、
設定が難しいのなんの(笑)

今なら簡単ですけどね。

で、検索方法はこのようにします。

『filetype:拡張子 キーワード』

PDFを調べたい時は

『filetype:PDF キーワード』

という形です。

もちろん、zipファイルなんかも
見つかるので、掘り出し物が
見つかるかもしれませんよ!

下の画像はちょっと入力ミスがありますが、
まあ、検索できました。

ファイルタイプ検索

related:検索

最後にあなたが普段見ているサイトに
似ているようなサイトを見つける方法を
教えたいと思います。

『related:対象になるサイトのURL』

とやることで、似たようなサイトを
グーグルが独自に判断して、
検索結果に表示してくれます。

関連サイト検索


ということで、検索方法を色々と
紹介しましたが、どれも便利なものばかりです。

一気覚えようとはせずに、1つずつ
使い慣れていって、増やしていくといいです。

他にもドル変換とか天気とか
住所とかを一発で導き出す検索方法も
ありますが、アフィリエイトに関係がないので、
今回は載せませんでした。

まあ、これだけでもかなりのボリュームなので、

「あれ?どうやってやるんだっけ?」

って思ったら、何度も訪れてくださいね(笑)

ブックマークとかお気に入りに
登録しておくといつでも見れるので、
便利ですよ!

ぜひ、友達にもこの記事を教えてあげてください^^

長々とありがとうございました。

突然ですが、金儲けに興味ありますか?

『お金を稼ぐ方法』を知りたいですか?

● 4日間で165,500円稼いだ秘密...
● 大学生が初月で50万円以上稼げたワケ
● 主婦でも毎月5万円が入金される在宅ワーク
● 芸能人のようにブログで稼ぐ仕組みの作り方
● 60歳のジジイが1日で12,000円稼いだ方法
● 家族に見捨てたれたサラリーマンの起死回生法
● あなたの私生活からお金を生み出す思考法
● 夫婦仲、恋愛にも役立つ人心掌握術
● 会社にバレずにこっそり稼げる副業ビジネス
● 脱サラして家族とずっといれる時間を作る方法
● あなたの夢を現実とする究極の目標設定

など、

インターネットで稼ぐために
必要な情報をふんだんに詰め込んだ
最強のバイブルを僕のメルマガに
登録してくれた方にプレゼントします。

現在、まとめの段階に入っているため、
近いうちに配布することができます。

が、

配布したあとの反響によっては
有料で販売するかもしれません。

そのつもりで作っているので、
無料で手に入れられるのは

"イマ"登録した人だけになるかもです。

ですから、僕の作った最強のバイブルに
興味があり、ネットで稼ぐ情報が

『欲しい!!』

という方は今のうちに登録だけでも
済ませておいてください。

ブログで書いてしまうと、
僕が積み上げてきたノウハウが
パクられてしまいます。

そうなると僕の儲けが減ってしまって、
おいしい思いができなくなる可能性が
出てくるので、メルマガ読者だけに
公開していこうと思います。

メルマガに登録してくれる人数なんて、
日本の人口からすれば、微々たるものですし、
僕の稼ぎに影響を与えることはありません。

下に表示されるメルマガ登録フォームに

※名前(性)
※メールアドレス(普段使っているもの)

を入力して「今すぐ"登録"する!」ボタンを
クリックしてください。



*お名前(姓)
*メールアドレス

注) 登録いただく名前・メールアドレスは
最先端のセキュリティシステムを使って、
プライバシー保護しますので、ご安心ください。



すぐに折り返し、自動返信メールが
送られてきますので、登録したメールアドレスの
受信ボックスを確認してください。

僕のメルマガではかなり
"強烈なコトバ"を使ったりしているので、
迷惑メールに振り分けられるかもしれません。

万が一、受信ボックスにメールがない場合は
迷惑メールフォルダも確認してみてください。

今後、僕からのプレゼント情報などを
確実に受け取るために、メールの受信設定も
しておいてくださいね!

設定方法はこちらのサイトに
詳しく書かれているので、参考にしてください。

⇒ http://46mail.net/

お気軽にコメントをどうぞ(^▽^)/

*
*
* (公開されません)

Facebookへのコメント

mail2