お陰さまで読者数1000名突破!

お陰さまで読者数1000名突破!
メルマガでは主にネットビジネスを中心に稼ぐ方法をお伝えしていますが、ビジネス以外にも健康やスピリチュアルの話もしてます。もし興味がありましたら「ご登録はこちら」ボタンを押して頂けますと幸いです。
岩田龍希

上腕三頭筋を自宅にいながら道具なし&自重だけで鍛える筋トレメニュー!

上腕三頭筋を自宅で道具なしでもできる
自重トレーニング方法でパンパンに!(動画アリ)

嫁も娘も正月周りで疲れたのか
こたつの中で寝てしまったので
ちょっと自撮りしてみました!

内容は筋トレなので、女性の方には
興味ないかもしれませんが、
僕に興味あるって人は見て欲しいです(笑)

上腕三頭筋を自宅で鍛える筋トレ!

上腕三頭筋は普通に腕立て伏せ、
つまり、プッシュアップをしていれば
一緒に鍛えられる筋肉です。

上腕三頭筋 自宅 トレーニング

僕の大好きなストリート◯ァイターの
画像を使ってみました(笑)

プッシュアップで三頭筋を効率よく鍛える

上腕三頭筋 自宅 道具なし

普通にプッシュアップをしては
上腕三頭筋は鍛えられても効率は良くないです。

そこで、

プッシュアップ時の手の向きを変えて行うことで
上腕三頭筋にビシビシ効かせることができます。

腕は肩幅にセットし、手の向きは指が
足側に向くように置きます。

そして、脇をしめて上腕三頭筋を
意識しながら腕立て
をします。

これがひとつ目ですね。

上腕三頭筋を自重ディップスで鍛えよう!

上腕三頭筋 自宅 筋トレ

続いて、上腕三頭筋をメインで鍛える
ディップスですが、自宅でやるには
同じ高さのテーブルとかが必要になります。

そこで、僕の紹介している方法は
住居があれば、どこでもできる鍛え方
道具なしでもできるのでおすすめです。

まずは、家の中で高低差がある部分、
浴槽でも部屋の段差でも構いません。

あれば、イスが一番いいですけどね。

膝くらいの高さが一番綺麗なフォームを
作ることができるのでおすすめです。

そこに手をかけ、先ほどの腕立て伏せを
やる感じでディップスをします。

住宅やマンションでも階段とか使えますし、
駐車場のブロックでもOK!

発想次第でなんでも使えます。

誰もやってない上腕三頭筋トレーニングメニュー

上腕三頭筋 自宅 自重

最後はやっている人を見たことがないのですが、
僕が中学生の時にトレーニングジムで
おじさんがやっていたのをパクったものです。

ジムにはバーがあったのですが、
それを応用し自宅でできるように
考えたのは僕です。

これ、動画とかでもないんで多分誰もやってない。

原理はラットバーを使って
三頭筋を鍛えるトレーニングと同じです。

イスでも机でもいいので手を伸ばして
もたれていきます。

肩から動かすと大円筋とか鍛えることになるので
肘から動かしてください。

これが僕の中で上腕三頭筋を自宅で鍛える
究極のトレーニングメニューですね。

マジで効くのでやってみてくださいね^^

継続することって超大事

こういう発想っていうのはやっぱり
何年も継続してきたから出てくるものですし、
始めたばかりの時は思い浮かばなかったですね。

僕はおじさんがやっていたのをそのまま
丸パクリして上腕三頭筋をそれで鍛えてました。

それをマスターしたからこそ、
自宅でもできるように応用ができたわけです。

これ、ビジネスでも同じで、
すでに結果が出ている人とか成功者のやり方を
真似するのが一番結果が出るのが早いんです。

僕、空手と合気道やってますけど、
守破離って言葉があるんですね。

まずは基本とか教え、結果の出てる人を
真似して守ることから始めていきます。

そこから徐々に自分のスタイルを確立して
オリジナル要素を混ぜていくんですね。

今回ので言えば、僕はそれを自宅で
できるように応用したってことです。

そして、原理もラットバーを使ったものと
同じだということも中学時代に理解できてます。

そうして、自分スタイルにしていき、
最終的にはどこでもできるじゃねーか!

ということで、
完全オリジナルになったわけです。

こうやって自分のレベルが低い部分は
真似をしていくことで最速で成長しますし、
発想力も養っていけますよ!

そういった視点で日常生活を送ると
結構、いろいろな発見があって
楽しいので今日から意識してみてください^^

メルマガ読者募集中!

メルマガ読者募集中!
改めまして、岩田です。

ここまで記事を読んで頂いて、
ありがとうございます!

ブログの記事が読まれることは
僕にとって嬉しいことです。

お陰様でブログからメルマガ登録を
してくれる方も多く、読者さんの数も
1000人を超えました。

僕のメルマガではネットビジネスで
副収入を得る方法を配信しています。

他にも健康に関することや
さらに収入を増やすための仕組み作り
なんかも話しています。

もし、興味がありましたら、
下の「詳細はこちら」というボタンを
クリックして頂けると嬉しいです。

詳しいことはそちらに書いています。
(最終更新:2016年1月3日)

Facebookへのコメント

mail2