お陰さまで読者数1000名突破!

お陰さまで読者数1000名突破!
メルマガでは主にネットビジネスを中心に稼ぐ方法をお伝えしていますが、ビジネス以外にも健康やスピリチュアルの話もしてます。もし興味がありましたら「ご登録はこちら」ボタンを押して頂けますと幸いです。
岩田龍希

パーマリンク設定はカスタム構造がおすすめ!注意点と失敗談あるある

岩田です、

パーマリンクってわかりますか?

パーマリンクというのは、
ウェブページ毎に振り分けられる
個別のURLです。

実はコレ、かなり重要なんですね。

この記事ではパーマリンクについて
おすすめの設定方法とやってはいけない
『失敗』にまつわる話をしていきます。

動画が観れる場所にいるのなら、
動画の方がスムーズに覚えられます。

パーマリンクの基礎知識

パーマリンクは先程も言いましたが、
ブログ記事などの個別ページに振られる
URLの一部です。

一部というと具体的ではないので、
例を見せます。

http://iwata-blog.jp/abc/123/

ドメインより後ろの部分が
パーマリンクで設定した部分ですね。

このパーマリンク、実は英数字だけでなく、
日本語で設定することもできるんです。

日本語ドメインと同じような
SEO効果を得ることができるわけです。

が、

デメリットの方が多いです。

このあと話していきますので、
まずは失敗しないための注意点を
お伝えしておきます。

パーマリンクで失敗しない為の注意点

結論から言いますが、パーマリンクは
一度決めたら変更してはいけません。

厳密に言うと、記事が増えてから
変更をしてはいけないということです。

パーマリンクはURLの一部だと
先ほど言いましたよね?

よーく、考えてみてほしいのですが、
一度決まった記事のURLを変更すると
どういう影響がでると思いますか?

僕のブログを読んでいる感のいい
あなたならすでにおわかりかと思いますが、
URLが変わってしまいますよね?

つまり、同じ内容、同じタイトルの記事でも
パーマリンクの変更前と変更後では、
記事のURLが異なるということです。

言ってしまえば、変更前のURLが検索結果に
インデックスされているので、たとえ、
検索結果からタイトルをクリックして
訪れても、記事が存在しないわけです。

「記事が見つかりません」

って言われる『404エラー』が出るわけです。

もちろん、時間が経てば、検索エンジンも
それを修正していきますが、かなり時間が
かかる場合もあります。

もしかしたら、自分の記事なのに、
URLが変わったことで、

『コピーコンテンツ』

としての扱いを受ける可能性も
否定はできません。

僕は一度これをやっていますので、
どれだけパーマリンクの変更が
悪影響を与えるのか知っています。

僕のコンサル生でも、過去にこれを
知らずにやってしまった方がいますが、
アクセスが無くなります。

すぐに戻したことで、
なんとかなりましたが、
とても危険なんですね。

記事が存在しない状況になるだけでなく、
SNSなんかのシェア回数もリセットされます。

さらに言えば、今までのその記事に対する
SEO評価も『ゼロ』になってしまうので、
もう、パーマリンク変更は

『死を意味する』

ことになりますね。

この記事を読んでるあなたには
こんなことになってほしくないので、
先に言っておきました。

良いパーマリンクの4つの条件

ここで、どのようなパーマリンクが
良いのか話していきます。

僕が思う良いパーマリンクの条件として

URLを見ただけで内容がイメージできる
長くなり過ぎないようにする
自分がアクセス解析しやすい
URLが英数字で構成されている

が、挙げられます。

イメージのできるパーマリンク設定

イメージのできるパーマリンク設定
というのは、本当にそのままの意味で、

「あ、これは●●の内容だ」

と理解させることができるような
文字列にすることですね。

例えば、

コピーライティングのノウハウ記事の場合
http://●●.com/copywriting-method/

にするような感じですね。

これなら、URLを見ただけで、
コピーライティングについての記事だと
すぐに認識することができます。

また、カテゴリーを含んだ
パーマリンクの設定もアクセス解析に
役立つのでオススメできますね。

例えば、

燃焼系ダイエットサプリに関する記事の場合
http://●●.com/supplement/diet/

というように、
「カテゴリー+内容」みたいな感じにします。

長過ぎるURLは避ける

長くなり過ぎないように、
出来る限りシンプルな構造にすることで、
検索エンジンも記事を認識しやすくなります。

あまりにもURLが長くなってしまうと、
検索エンジンも認識するのが大変ですからね。

ネット上のあらゆる記事の情報を集めている
Googleのクローラーと呼ばれるロボットは
長いURLを好みません。

面倒くさがりなんで、
しっかりと合わせてあげましょう。

アクセス解析がしやすい

カテゴリーを入れることで、
グーグルアナリティクスでのアクセス解析が
格段にしやすくなります。

ただ、アクセス解析がしやすいですが、
カテゴリーの変更ができないっていう
デメリットもあります。

例えば、

芸能人の記事を書いた際に、
「芸能」というカテゴリーに入れたとします。

しかし、

あとから追加した、「アナウンサー」という
カテゴリーに入れようとすると、
URLが変わってしまうわけですね。

これがカテゴリーをパーマリンクに
含んだ場合のデメリットです。

URLが英数字で構成されている

日本語でもメリットはあるのですが、
このあと解説するデメリットを聞くと、
英数字で構成したくなると思います。

日本語パーマリンクは避けろ!

まず、日本語のパーマリンクのメリットとして、
日本語ドメインのように検索された際に
キーワードとして引っかかります。

これが一番のメリットでしょう。

しかし・・

かなり強烈なデメリットがあります。

リンクとして認識されない

スマホアプリのLINEとかで誰かに
記事のURLを伝えようとしても、
リンクとして認識されません。

つまり、クリックできないのです。

だから、手打ちでGoogleのURL欄に
打たないといけないという手間が発生します。

そんな手間をかけてまで、
読者は読んでくれません。

また、シェアとかされた場合も
リンクが意味不明な長いURLになります。

こんなのとか。

http://●●●.com/%E9%95…83%A1/

長過ぎるので「…」で省略しました(笑)

なので、パーマリンクは日本語ではなく、
英数字で設定するようにしましょう。

Googleの求めるパーマリンクとは?

ネット界の神であるGoogleが求める
パーマリンクについて話します。

これは僕の憶測とかではなく、
Googleのサイトに載っているので、
間違いありません。

Googleが求めているパーマリンクは
たった1つです。

『シンプルなURL』

というのも、先ほどの意味不明な
URLでは読者に不親切ですし、
シェアされたURLの内容がわからないのでは、
URLはクリックされません。

さらに、長すぎるURLはGoogleも
見つけにくくなりますからね。

すべてはユーザビリティ向上のためと
思っていれば、間違ったことはしないでしょう。

ついでに言うと、パーマリンクに
年月日を入れるとクリック率がさがりますよ。

というのも、

年月日が見えてしまうと、時間が経つと、
その記事が古い記事だと思われます。

つまり、

情報が古いと、読者に認識されるので、
いくら記事を追記し、最新の状態に
保とうが、クリック率は下がります。

これは「おまけ」の話です^^

おすすめのパーマリンク設定方法

さて、最後におすすめのパーマリンク設定を
教えて終わりたいと思います。

おすすめのパーマリンク設定は2つ。

『投稿名のみ』 or 『カテゴリー+投稿名』

です。

設定方法は簡単です。

ワードプレスのダッシュボードで
マウスカーソルを「設定」に合わせます。

すると、「パーマリンク」という項目が
あるので、それをクリックしましょう。

パーマリンク設定 おすすめ

切り替わった画面で、「カスタム構造」に
チェックを入れて、テキスト部分に
以下の好みのテキストを入力してください。

投稿名のみ:
/%postname%

パーマリンク設定 おすすめ

カテゴリー+投稿名:
/%category%/%postname%

パーマリンク設定 おすすめ

これで、パーマリンクの設定は完了です。

最後にもう一度言いますが、
パーマリンクは一度決めたら
変更してはいけませんよ^^

メルマガ読者募集中!

メルマガ読者募集中!
改めまして、岩田です。

ここまで記事を読んで頂いて、
ありがとうございます!

ブログの記事が読まれることは
僕にとって嬉しいことです。

お陰様でブログからメルマガ登録を
してくれる方も多く、読者さんの数も
1000人を超えました。

僕のメルマガではネットビジネスで
副収入を得る方法を配信しています。

他にも健康に関することや
さらに収入を増やすための仕組み作り
なんかも話しています。

もし、興味がありましたら、
下の「詳細はこちら」というボタンを
クリックして頂けると嬉しいです。

詳しいことはそちらに書いています。

お気軽にコメントをどうぞ(^▽^)/

*
*
* (公開されません)

Facebookへのコメント

mail2