mail2

賢威の記事枠から出る画像サイズを最適化!影付けや角丸にする方法

岩田です、

賢威を使用してブログを書いていると
ある時に気がつきます。

それは、記事に挿入する画像サイズが
大きいと記事枠からはみ出てしまうことです。

これはとてもダサいです。
見た目が悪すぎます。

ですので、

この記事枠から出てしまう画像のサイズを
記事枠に収まるように最適化していきましょう。

記事枠から出る画像サイズを最適化

まだ、あなたが画像をはみ出したことが
ないという場合はこちらを確認してください。

記事枠からはみ出ている画像サイズ

賢威 枠

画像サイズ最適化とカスタマイズ後

賢威 枠 画像

それでは枠からはみ出ない
画像サイズにしていきましょう。

方法はいたってシンプル。
とてもとても簡単です。

いつものようにダッシュボードへ移動します。
外観⇒テーマ編集と進みdesign.cssを選択。

賢威6.2 最新情報 抜粋

賢威 画像 はみ出る

そしたら、

記述の一番下に以下のコードを
貼り付けるだけでOKです。

さらに画像に影を付けてみましょう。

賢威の画像に影を付ける

これを先ほどのコードに追記すれば
反映されるようになります。

追記するコードはこれです。

さらに角を丸くしてみましょう。

賢威の画像を角丸にする方法

こちらも追記するだけで反映されます。

すべて合わせるとこんな感じです。

実際に貼り付けてみたキャプチャです。

賢威 画像 サイズ

私のサイトはこのように
design.cssに追記しています。

この制作者のウェブライダーさんの記述の
上にしているのは私の好みです。

特に理由はありません。
一番下で反映されます。

記述が済んだらファイルを更新して
サイトをチェックしてみましょう。

これで、見た目の悪かった記事枠から
はみ出てしまう画像サイズを変更し
最適化することができました。

一度設定してしまえば
以後、記述する必要はないので
賢威を導入したらまずやってみるといいです。

それではこの辺で。
最後までお読み頂きありがとうございました。

突然ですが、金儲けに興味ありますか?

『お金を稼ぐ方法』を知りたいですか?

● 4日間で165,500円稼いだ秘密...
● 大学生が初月で50万円以上稼げたワケ
● 主婦でも毎月5万円が入金される在宅ワーク
● 芸能人のようにブログで稼ぐ仕組みの作り方
● 60歳のジジイが1日で12,000円稼いだ方法
● 家族に見捨てたれたサラリーマンの起死回生法
● あなたの私生活からお金を生み出す思考法
● 夫婦仲、恋愛にも役立つ人心掌握術
● 会社にバレずにこっそり稼げる副業ビジネス
● 脱サラして家族とずっといれる時間を作る方法
● あなたの夢を現実とする究極の目標設定

など、

インターネットで稼ぐために
必要な情報をふんだんに詰め込んだ
最強のバイブルを僕のメルマガに
登録してくれた方にプレゼントします。

現在、まとめの段階に入っているため、
近いうちに配布することができます。

が、

配布したあとの反響によっては
有料で販売するかもしれません。

そのつもりで作っているので、
無料で手に入れられるのは

"イマ"登録した人だけになるかもです。

ですから、僕の作った最強のバイブルに
興味があり、ネットで稼ぐ情報が

『欲しい!!』

という方は今のうちに登録だけでも
済ませておいてください。

ブログで書いてしまうと、
僕が積み上げてきたノウハウが
パクられてしまいます。

そうなると僕の儲けが減ってしまって、
おいしい思いができなくなる可能性が
出てくるので、メルマガ読者だけに
公開していこうと思います。

メルマガに登録してくれる人数なんて、
日本の人口からすれば、微々たるものですし、
僕の稼ぎに影響を与えることはありません。

下に表示されるメルマガ登録フォームに

※名前(性)
※メールアドレス(普段使っているもの)

を入力して「今すぐ"登録"する!」ボタンを
クリックしてください。



*お名前(姓)
*メールアドレス

注) 登録いただく名前・メールアドレスは
最先端のセキュリティシステムを使って、
プライバシー保護しますので、ご安心ください。



すぐに折り返し、自動返信メールが
送られてきますので、登録したメールアドレスの
受信ボックスを確認してください。

僕のメルマガではかなり
"強烈なコトバ"を使ったりしているので、
迷惑メールに振り分けられるかもしれません。

万が一、受信ボックスにメールがない場合は
迷惑メールフォルダも確認してみてください。

今後、僕からのプレゼント情報などを
確実に受け取るために、メールの受信設定も
しておいてくださいね!

設定方法はこちらのサイトに
詳しく書かれているので、参考にしてください。

⇒ http://46mail.net/

Facebookへのコメント

mail2