お陰さまで読者数1000名突破!

お陰さまで読者数1000名突破!
メルマガでは主にネットビジネスを中心に稼ぐ方法をお伝えしていますが、ビジネス以外にも健康やスピリチュアルの話もしてます。もし興味がありましたら「ご登録はこちら」ボタンを押して頂けますと幸いです。
岩田龍希

内部リンク最適化でSEO対策!アンカーテキストが効果アップの秘訣

岩田です、

内部リンクが重要であると
最近、言われているのを知っていますか?

内部リンクはSEO対策に効果があると
されていて現在では外部リンクよりも
重要なのでは無いかという声もあります。

内部リンクでSEO効果を得るには
アンカーテキストと呼ばれるもので
最適化させる必要があります。

内部リンクが最適化できれば
検索エンジンが関連性のあるリンクだと
判断してくれるようになります。

その結果、検索順位が上がるようになり
サイトへのアクセス数が増え
広告収入やアフィリエイト報酬が
増えることに繋がります。

では、どのように内部リンクを
最適化させるのがよいのでしょうか?

まずは、内部リンクがわからない方も
いるかもしれないのでその辺も
解説していきたいと思います。

内部リンクとは

内部リンクというのはあなたの
ブログ記事からあなたのサイト内の
ブログ記事へのリンクのことです。

例えば、画像のようなものです。

内部リンク アンカーテキスト

内部リンク最適化でSEO対策に効果アリ!

「内部リンク最適化と先ほどから
言ってますがなんのことですか?

と思っているかもしれませんね。

内部リンクを最適化させるというのは
アンカーテキストを検索エンジンに
評価されるようにすることです。

「岩田さん、アンカーテキストってなんすか?」

ですよね。

私もアンカーテキストと言われても
ちんぷんかんぷんだったのでよくわかります。

アンカーテキストとは

先ほどのリンクの画像ですが、
青くなっているところがリンクですね。

このリンク部分のテキスト(文字)が
アンカーテキストと呼ばれている部分になります。

このアンカーテキストを検索エンジンに
評価されるように最適化するのです。

アンカーテキストを最適化する方法

まずは良い例と悪い例をご覧ください。

悪い例

内部リンク 最適化

良い例

内部リンク アンカーテキスト

これを見てすぐにわかったあなたは
センスがあります。

そう、テキストにキーワードが
含まれているかどうかです。

解説

リンク先のブログ記事はすでにキーワードが
含まれているタイトルですよね?

そのキーワードを含んだアンカーテキストに
することで検索エンジンに評価されるように
最適化することができます。

検索エンジンの巡回システムの
クローラーがサイトを確認する際に
リンクをチェックしていきます。

そして、そのリンク先の記事と
アンカーテキストに含まれる
キーワードに関連性があるか確認します。

悪い例の場合は「こちら」というキーワードに
リンク先の記事が関連しているかどうか
という判断をしていますので得策ではありません。

逆に良い例の場合は画像のように
リンク先のタイトルと記事内容が
アンカーテキストとマッチしています。

この場合は有効な手段と言えますね。

内部リンク 効果

関連していれば検索エンジンから
良い評価を受けます。

そして検索結果へ影響を及ぼし
結果的に表示順位が上位に上がります。

ですので、アンカーテキストを最適化させた
内部リンクを利用しないという選択は
とてももったいないのです。

さらに内部リンクを増やせば
ブログ内で回遊してもらえるので
結果的にサイト滞在時間が延びます。

するとサイト自体も高評価を受け、
サイトパワーが上がり全体的に
記事の検索順位が底上げされます。

ここまで話してきましたが内部リンクの
重要性は理解していただけましたか?

ブログへのアクセス数を安定させる為にも
今すぐ「直帰率」と「離脱率」が高い
記事に内部リンクを仕込みましょう。

ブログのアクセス数を安定させる方法…

メルマガ読者募集中!

メルマガ読者募集中!
改めまして、岩田です。

ここまで記事を読んで頂いて、
ありがとうございます!

ブログの記事が読まれることは
僕にとって嬉しいことです。

お陰様でブログからメルマガ登録を
してくれる方も多く、読者さんの数も
1000人を超えました。

僕のメルマガではネットビジネスで
副収入を得る方法を配信しています。

他にも健康に関することや
さらに収入を増やすための仕組み作り
なんかも話しています。

もし、興味がありましたら、
下の「詳細はこちら」というボタンを
クリックして頂けると嬉しいです。

詳しいことはそちらに書いています。
(最終更新:2015年10月5日)

☆読者様のコメントです☆

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

Facebookへのコメント

mail2