お陰さまで読者数1000名突破!

お陰さまで読者数1000名突破!
メルマガでは主にネットビジネスを中心に稼ぐ方法をお伝えしていますが、ビジネス以外にも健康やスピリチュアルの話もしてます。もし興味がありましたら「ご登録はこちら」ボタンを押して頂けますと幸いです。
岩田龍希

内部SEO対策での必須項目一覧!これだけは押さえておけ

内部SEO対策(施策とも言う)での
必須項目をチェックしよう!(動画アリ)

これから内部SEO対策について
解説していきますが、SEOの基本について
知らない場合は、先にこちらを読んでください。

SEO対策の基本

内部SEO対策は資金が全く無い
初心者でも確実に行えるSEO対策です。

今から書くことだけでも、実践できれば、
間違いなく、今後、作成する記事は
検索上位に表示される可能性が高くなります。

それだけ、強力な内部SEOなので、
しっかりと理解して、必ず実践してください。

内部SEOの究極は「ユーザビリティの向上」

ユーザビリティ・・・

つまり、ユーザーがどれだけ、サイトを
利用しやすいかどうかにかかってます。

そのサイト自体が検索で訪れたユーザーの
役に立っているかどうか。

文章が読みやすいかどうか。

それら全てを総合して、ユーザビリティと
呼んでいるわけですね。

サイト内検索だったり、
「今」読んでいる記事に関連する記事への
リンクが貼ってあるかどうか。

読者がわかりやすいような
カテゴリー分けがしてあるかなども
すべて、含まれます。

これを攻略するには、とにかく

【ユーザー目線】

で、サイトを作り上げていくことです。

内部SEO対策でするべき5つのこと

内部SEO対策をする上で、
これだけは絶対に避けては通れない
内部施策があるわけです。

というか、

これだけ、やっとけば、ほぼ
上位にあなたの頑張って書いた記事が
表示されると思いますよ。

キーワードを意識したサイト作成
検索エンジン向けのタイトル決め
記事ボリューム・記事質の向上
サイト内の関連する記事へのリンク
サイト全体の使い勝手を意識する

1つずつ、解説していきますね。

キーワードを意識したサイト作成

キーワードってかなり重要なのを知ってますか?

内部SEOで最も重要な要素と言っても
間違っていないかもしれません。

キーワードというのは、何も
記事タイトルだけではありません。

サイトタイトル(サイトの名前)も、
カテゴリーにだって検索キーワードを
用いることも重要です。

カテゴリーが強くなれば、
カテゴリー単体で検索結果の上位に
表示されるようになりますからね。

また、記事の文章にも検索キーワードを
使っていく必要があります。

ただ、これはあまりに多くなると
スパム判定を受けてしますので、
適度に記事内でキーワードを使いましょう。

例えば、見出しなんかで使っていくとか、
そういった部分で利用すれば、
不自然な文章にはならないと思います。

検索エンジン向けのタイトル決め

GoogleやYahoo!などの検索エンジンに
どのキーワードが重要なのかを
教えるための記事タイトルの決め方です。

そもそも、検索されるキーワードを
使っていない適当なタイトルでは
絶対に上位にはあがりませんからね。

例えば、

「おなら 臭い」

という検索キーワードを狙うのであれば、

「おならが臭いと感じたら、このサプリ!」

みたいな記事タイトルを付けると
検索エンジンはこの記事に対して

『おなら 臭い』

が重要だなと認識します。

よって、このキーワードで検索された時に
この記事が上位に表示されやすくなります。

これが、検索エンジン向けの
記事タイトルの付け方です。

記事ボリューム・記事質の向上

記事ボリュームは文字数だと
思ってもらってかまいません。

500文字よりも1500文字だし、
3000文字よりも12000文字がいいです。

ただ、文字数が多いだけでは
ハッキリ言って意味がありません。

文字数を増やす中でも、記事の質を
向上させていく必要があります。

例えば、情報の濃さ。

『このサイトはこんなところまで
書いてあるのか! 詳しいなココ』

と思われれば、しっかりと読み込んで
くれる読者が増えて、滞在時間が伸びます。

また、文章だけよりも画像を
いくつか用いて、視覚的にも
読みやすくしたりするのも効果的です。

大げさに言えば、

「ああああ」だけで10000文字とかだと
無意味だよということですね。

これがわからない人はいないと思いますが(笑)

また、この部分では記事タイトル、
つまり、検索キーワードと記事の
内容が一致してることが重要です。

そして、どこにでもあるような情報よりも
自分が体験したことなどが含まれた、
完全にオリジナルの記事は検索エンジンに
メチャクチャ好かれます。

サイト内の関連記事へのリンク

これは内部リンクと呼ばれるものですが、
サイト訪問者の滞在時間を延ばすための
内部SEO対策です。

1つの記事だけ読まれるよりも、
2記事、3記事と読んでもらった方が
サイトにいる時間が長くなりますよね。

例えば、この記事の場合、
冒頭ですでに内部リンクを貼っています。

ちなみにこの内部リンクをする時の
文字を【アンカーテキスト】と言って、
意外と重要なんですよ。

このアンカーテキストの文章に含まれる
キーワードに対して、リンクした記事の
タイトルキーワードとマッチしていると
微々たるものですが、評価されます。

ただ、あからさまにおかしな
アンカーテキストを使っていると
スパムになりかねませんので、
注意が必要です。

サイト全体の使い勝手を考える

これはそのままの意味ですが、
本当にたくさんあり、総合的に見て、
どれくらい訪問者が利用しやすいかを考えます。

サイトの表示速度を早くするのも
かなり効果的です。

サイトの表示速度、ページの切り替わりが
一昔前のADSL回線みたいに遅いと、
光回線になれている現代のユーザーは
イライラしてサイトを閉じてしまいます。

そうなると、検索エンジンは

『あ、このサイト役に立たないのね』

という判断を下し、
検索結果の下の方に追いやられます。

これは画像がを使いすぎていたり、
画像自体の容量が大きい場合などに
起こりうる現象ですね。

他にも読者が求めている記事が
すぐに見つかるようにカテゴリー分けを
しているかとか。

適度な文字装飾によって、
文章を読みやすくするというのも
内部SEOでは有効です。

本当に読者の身になって、
サイトを作成していきましょう。

メルマガ読者募集中!

メルマガ読者募集中!
改めまして、岩田です。

ここまで記事を読んで頂いて、
ありがとうございます!

ブログの記事が読まれることは
僕にとって嬉しいことです。

お陰様でブログからメルマガ登録を
してくれる方も多く、読者さんの数も
1000人を超えました。

僕のメルマガではネットビジネスで
副収入を得る方法を配信しています。

他にも健康に関することや
さらに収入を増やすための仕組み作り
なんかも話しています。

もし、興味がありましたら、
下の「詳細はこちら」というボタンを
クリックして頂けると嬉しいです。

詳しいことはそちらに書いています。

お気軽にコメントをどうぞ(^▽^)/

*
*
* (公開されません)

Facebookへのコメント

mail2