お陰さまで読者数1000名突破!

お陰さまで読者数1000名突破!
メルマガでは主にブログで稼ぐ方法をお伝えしていますが、ビジネス以外にも健康やスピリチュアルの話もしてます。もし興味がありましたら「ご登録はこちら」ボタンを押して頂けますと幸いです。
岩田龍希

コピーライティング=テクニックではない?多くの人が陥る罠

岩田です、

あなたはコピーライティングで
一番必要なものはなんだと思いますか?

テクニックですか?
洗脳スキルですか?
心理誘導?

確かにこれらを使うことで
商品を売ることはできます。

ですが、いくらテクニックを磨いて
いくらトリックを増やしても
ある重要なことを無視してしまうと
限界が訪れると思っています。

そして、そのあることを無視した
文章ではなんだか気持ちの悪いコピーに
なってしまったりする方もチラホラいます。

その「あること」が一番重要で
それさえ理解してしまえばお客さんが
あなたから商品を買ってくれます。

もし、これを無視して先ほどのような
テクニックやトリックだらけの
購買意欲をあおるようなコピーを書いたら・・・

商品は売れるかもしれませんが
お客さんを騙すことになってしまったり
誇大広告になってしまうかもしれません。

そうなってしまっては次に商品を
提供する時には買ってもらえません。

それでは稼ぎ続けることは不可能です。

ですので、

この「あること」をしっかりと理解し
真っ正面からお客さんと語り合うのです。

「あること」とは?

「岩田さん、いい加減教えてください!」

そろそろ、我慢できなくなってきますよね。
すみません。

そのあることというのは

「お客さんのことを理解する」

ということです。

もっと言えば、人間を理解することです。

決して、心理誘導とか洗脳とかではなく
お客さんの気持ちになって悩みを

解決してあげる、結果を出させる、進化させる

ということにフォーカスしてください。

それを意識して文章を書いていけば
お客さんから共感を得られ、
信頼を得られるようになります。

信頼を得られたらもちろん、
信じない壁なんていとも簡単に
飛び越えることができます。

私のメンターの先生がこう言っています。

「巷のコピーライターが覚えたテクニックより
僕が忘れたテクニックの数の方が多い」

「行き着いたのはテクニックやトリックを
追いかけても時間の無駄だということ」

こんなこと簡単に述べていますが
コピーのテクニックを忘れた数の方が
多いなんてどれだけテクニックがあったのか。

それだけコピーライティングのテクニックを
学んだにもかかわらず最終的に行き着いたのは
テクニックやトリックなんて無駄だということ。

そして、このようにも言っています。

「テクニックやトリックを学ぶのは
最終段階で上達の限界を感じたら」

とても深いですよね。

それだけ人間を理解しなさい
ということだと私は解釈しています。

また、私が数十万円払って得た
お客さんの感情を理解する極意も
どこかでお話できたらと思います。

それでは、この辺で。
最後までお読み頂きありがとうございました。

メルマガ読者募集中!

メルマガ読者募集中!
改めまして、岩田です。

ここまで記事を読んで頂いて、
ありがとうございます!

ブログの記事が読まれることは
僕にとって嬉しいことです。

お陰様でブログからメルマガ登録を
してくれる方も多く、読者さんの数も
1000人を超えました。

僕のメルマガでは主にブログで
副収入を得る方法を配信しています。

他にも健康に関することや
さらに収入を増やすための仕組み作り
なんかも話しています。

もし、興味がありましたら、
下の「詳細はこちら」というボタンを
クリックして頂けると嬉しいです。

詳しいことはそちらに書いています。
(最終更新:2015年10月5日)

Facebookへのコメント

mail2