お陰さまで読者数1000名突破!

お陰さまで読者数1000名突破!
メルマガでは主にネットビジネスを中心に稼ぐ方法をお伝えしていますが、ビジネス以外にも健康やスピリチュアルの話もしてます。もし興味がありましたら「ご登録はこちら」ボタンを押して頂けますと幸いです。
岩田龍希

アドセンス禁止事項やスマホ表示規約まとめ!禁止ワードってある?

アドセンス禁止事項、スマホ表示規約
また、禁止ワードについてまとめてみました。

岩田です、

いつも私の提供する記事を
読んで頂きありがとうございます。

今回は上に掲げた内容について
書いていきます。

これからアドセンスで稼ごうとしている方
すでに稼がれている方も今一度
グーグルアドセンスの規約を確認してみましょう。

アドセンスの禁止事項まとめ

グーグルアドセンスの規約を
そのまま書いても意味がないので
私が簡単にまとめて書きます。

ここで注意して欲しいのは
難しく書かれているグーグルの規約を
簡単にわかりやすくしたものです。

あくまでもアカウント停止などの
リスクを減らすための内容だと思って
読んで頂ければと思います。

もっと詳しく知りたい場合は
他のサイトとかで確認するのではなく
グーグルアドセンスの公式から確認してください。

また、わからないことがあれば
私のようにグーグルに直接問い合わると
丁寧に返信がきます。

自分でアドセンス広告をクリックしない

なぜ、いけないのか?
普通に考えればわかりますよね。

自分で広告をクリックしてお金が
もらえるのであればみんな同じように
やってますし世界中が億万長者です。

自分でクリックするということは
広告を出稿している広告主にとって
全く意味のないクリックになってしまいます。

それでは、グーグルに広告を出す
広告主がいなくなってしまって
グーグルが儲けられなくなります。

ですので、自己クリックは
かなり厳しく監視されています。

クリックしてね!はNG

これも絶対にやってはいけないことです。

例えば、こんな感じ

アドセンス 禁止事項

このようにクリックを誘発する言葉
単語などは禁止されています。

禁止コンテンツを使ってはいけない

禁止コンテンツというのは

  • アダルト コンテンツ
  • 個人、集団、組織を誹謗中傷するコンテンツ
  • 著作権で保護されているコンテンツ
  • 薬物、アルコール、タバコに関連したコンテンツ
  • ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
  • 報酬プログラムを提供するサイト(「報酬提供」サイト)
  • Google ブランドを使用しているサイト
  • 暴力的なコンテンツ
  • 武器および兵器に関連したコンテンツ
  • その他の違法なコンテンツ

その中でもアダルトコンテンツについては
かなり厳しく、別のページが用意されているほど。

肌が透けて見えるシースルーや
ランジェリーでさえも禁止コンテンツです。

また、外部リンクにもアダルト系を設置しては
いけないので注意が必要です。

マッチョの男の画像でもかなり危険ということです。

コピーしたコンテンツ(著作物)を使わない

どんなモノであっても
コピーしたコンテンツを提供してはいけません。

どこかのサイトにあった記事を
そのままコピーして貼り付けただけとか
オリジナルでないものはいけません。

偽ブランドなどの販売サイト

こういった偽造されたものの販売をするサイトへ
アドセンス広告は貼れません。

というか、それ以前の問題ですよね。

無意味なページを作成してはいけない

厳密に言えばウェブマスター向けの
品質に関するガイドラインということなのですが

簡単にまとめると無意味なサイトを量産することは
ダメですし訪問者に必要とされないモノもダメと
書かれています。

つまり、アフィリエイトする商品の
商品リンクだけ網羅しているとか

サテライトサイトのようなしょぼいサイトは
作成しないでくれって言っています。

また、禁止ではありませんが
ギャンブル系のサイトへの広告も
制限があるので貼り付ける際は気をつけてください。

アドセンスに禁止ワードはあるか?

禁止ワードというのは存在していません。

そもそも文章を禁止してしまっては
ニュースサイトなどは成り立たなくなります。

ただ、禁止コンテンツを見れば
どのような単語がリスクを伴うのかは
なんとなくつかむことはできますよね。

例えば、

男が一人で快楽するアレとか
男女のロマンチックタイムとか

大事なところのおもちゃとか
外国の首をスパっとやる事件とか

考えれば色々出てきますよね。

私も本当はもっとわかりやすく
伝えたいのですがこの記事がグーグルさんに
嫌われてしまうのは困りますので。

検索されなかったら多くの方に

「これは規約違反ですよー」

ということを伝えれなくなってしまいます。

なので、ちょっと言葉を優しくしました。

簡単に言えば、小学生が親と一緒に見ても
全く問題ないサイトを心掛ければ
アドセンス規約に触れることは
99.9%の確率で軽減できるのではないでしょうか。

アドセンスのスマホ表示の規約は?

最近はスマホで調べたいことを
検索してサイトを閲覧する方がほとんどです。

私の運営しているサイトはすべてが
87%以上のユーザーがスマホというデータがあります。

ということはつまり、

スマホでの広告表示に問題があると
アカウントが停止されてしまうリスクが
高くなってしまうということです。

コンテンツを隠す広告配置は禁止

コンテンツが画面をスクロールしないと
見えないような位置に広告を配置することは
アドセンスポリシーに違反します。

ファーストビューにアドセンスは禁止?

いえ、そんなことはありません。

ファーストビューに広告を貼るのが
問題なのではなく、先ほどの

「コンテンツがスクロールしないと見えない」

というのが問題になっているのです。

グーグルさんはこのように言っています。

300×250の広告に対して

「モバイル向けに作成されたサイトの最初の画面の
スペースを過度に占拠してしまうため、
ユーザーの利便性が低下する」

つまり、ユーザーが不便になるようなことは
しないで欲しいわけですよね。

例えば、

300×250でなくてもスマホで見た際に
画面の大半が広告で取られていたら
ダメですよってことです。

なので、
ファーストビューに広告を配置したければ
縦が短い広告を使えばいいだけのことです。

320×100とか234×60などの
横長バナーを使うといいでしょう。

追尾広告は禁止!

あと最近流行っていた広告が
スクロールしても付いてくる
うっとうしいサイトありますよね。

あれはグーグルアドセンスは
クリックの誘発として禁止になっています。

追尾させたい場合はアドセンスではなく
他の広告メディアで対応しましょう。

しっかりやっているところは
追尾してくる広告はアドセンスではないので
確認してみてください。

ということで今回は
アドセンス規約についてまとめましたが
何か疑問があれば遠慮無く聞いてください。

私も色々経験しているので
中には答えれないこともあるかも
しれませんが答えれることは

「すべて答える」

というつもりでいますので
なんでも聞いてくださいね!

それではこの辺で。
最後までお読み頂きありがとうございました。

メルマガ読者募集中!

メルマガ読者募集中!
改めまして、岩田です。

ここまで記事を読んで頂いて、
ありがとうございます!

ブログの記事が読まれることは
僕にとって嬉しいことです。

お陰様でブログからメルマガ登録を
してくれる方も多く、読者さんの数も
1000人を超えました。

僕のメルマガではネットビジネスで
副収入を得る方法を配信しています。

他にも健康に関することや
さらに収入を増やすための仕組み作り
なんかも話しています。

もし、興味がありましたら、
下の「詳細はこちら」というボタンを
クリックして頂けると嬉しいです。

詳しいことはそちらに書いています。
(最終更新:2015年10月5日)

☆読者様のコメントです☆

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

Facebookへのコメント

mail2